So-net無料ブログ作成
検索選択

退院の準備 [嫁の記録]

おかあさんの入院が続いています。
時々ベッドの柵を外そうとしたり、立ち上がろうとしたりするということで、
(一度、夜に一人で立とうとして転んだ)
個室から看護師さんの目が届きやすい大部屋に移っています。

ところがその大部屋は、
整形外科内の認知症の患者さんばかりを集めた部屋のようで、
部屋のあちこちから、「家に帰りたいんです。」とか、
「誰かお願いします、トイレに行きたいんです。」
(自分でナースコールができない)とか、
あまり意味のわからないつぶやきとかが聞こえて来ます。

看護師さん達も忙しいので、
必要や危険がない限り、その訴えに対応することはありません。

部屋に居るだけで、何ともわびしい、鬱な気分になって来ます。

一般の病院ではそれも仕方がないのはわかるし、
病院の方々を責めるつもりはないけれど、
認知症の人はここに長く入院していてはダメだ、と思いました。

でも、おかあさん自身は割と落ち着いていて、
私達と話していると、いつもの感じに戻って、
笑ったりおしゃべりしたりするので、少し安心しました。
(耳が少し遠いのが幸いしているのかも)

そして、病院のソーシャルワーカーの方と面談した時に、
おかあさんのこれまでの生活や現在の状況をお話したところ、
本来ならば、整形外科からリハビリ専門病院に転院して、
1ヶ月ぐらいリハビリをしてから退院するケースですけれど、
おかあさんの場合、決められた時間に食事やリハビリをするのが難しく、
リハビリ専門病院に行くと、かなりそれが強制されることになるので、
おかあさんには良くないのではないか、とのこと。

むしろ整形外科で退院の許可がおりたらすぐに自宅に戻って、
生活をしながら必要な動作を覚えるリハビリをした方が良いのではないか、
という結論になりました。

退院の目標は5月末、ということで、
今、色々と準備をしているところです。

今のところ、自宅で生活する一番の問題は、
おかあさんが、一人で歩くのはまだ危険だということです(再転倒)。
でも、認知症のため、自分が歩きたいと思ったら歩いてしまうため、
私達がそれをどうフォローして行くか考えなければなりません。

誰かが必ずそばに居て、即座に対応することができれば、
危険を避ける意味では理想なのだと思いますが、
それでは多分、おかあさんも私達も続かないと思います。

そこで今考えているのが、離床センサーと見守りカメラの導入です。

おかあさんがベッドから身体を起こしたら、
私とダンナさんのスマホ等にアラームが来て対応できる、という方法です。

最近、施設等でも導入が進んで、
職員の方が無駄に見回りをする必要がなくなって、
楽になったそうです。

ネットで検索してみると、色々なシステムが開発されているようです。
一つ良さそうなシステムを見つけたので、
今週ダンナさんと、現物が見られる製作会社に見に行きます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0