So-net無料ブログ作成
検索選択

OWLSIGHT導入しました [嫁の記録]

今日は、おかあさんのお部屋に設置して頂いた、
離床を知らせるセンサー(実際はそれ以上のシステムですが)
について書いてみたいと思います。

前回の日記に書いたように、
室内で手すりがあれば何とか歩けるようになったおかあさんですが、
やはり見守りや多少の介助が必要、ということで、
おかあさんがベッドから立ち上がる時に、介護者に知らせが入って
駆けつけられる、というシステムを探していました。

調べてみると、ベッド脇に人感センサーをつけるタイプ、
ベッド脇の床に、踏むと感知するマットを敷くタイプ、
ベッド上の圧力を感知するマットを敷くタイプ等があるようです。

ただ、実際に介護施設で働いている知り合いに聞くと、
意外と誤作動も多いとのこと。

そこで、もう少し正確に本人の状態がわかるようなものがないかしら?
とネットで探している時に見つけたのが、
イデアクエスト社のOWLSIGHT(アウルサイト)というシステムでした。

詳しいことは、上のリンクを見て頂ければと思いますが、ざっくり言うと、
目には見えない無害の赤外線のレーザーを何本もベッド上に照射して、
寝ている人の身体の輪郭をドットの図で表示、
安全な状態か、起き上がったか、離床したか、という状態を
AIが判断して、介護者のスマホに知らせる、というシステムです。

なんか、すごそう!賢そう!と、
割とオタクっぽい嫁はテンション上がって、
ダンナさんに、「こんなのありますよ!」とサイトを見せると、
ダンナさんも興味を持った様子、

おかあさんの退院の日も近づいていたので、
すぐに会社に連絡して、数日後、
ダンナさんと二人で実物が置いてある会社を訪ねました。

会社では、社長さんと社員の方数名で迎えて下さり、
機器が設置してあるモデルルーム?で、
実際にどんな風にシステムが稼働するのか、
実演して頂きました。(技術の方が実際にベッドに寝て実演!)

すると、ちょっともぞもぞ動いたり、腕や足を上げたぐらいでは
アラームが鳴らないのですが、
上半身を起こしたり、立ち上がろうとしたりすると、
wifiを通じて、介護者が持つスマホのアラームが鳴って、
「要確認」とか「離床」といった表示が出ます。

そして、それらのデータは、3ヶ月分記録されて、
いつでもスマホで見ることができるので、
本人の状態や動きの傾向など、後から検証することができます。

また、今の私達にはまだ必要ないのですが、
寝たきりになったような方の場合、呼吸が止まっているかどうか、
微細な動きも感知して、動きが止まっていると知らせてくれる機能もあります。

実演を見てすっかりうれしくなった私達は、
(介護なのにワクワクしている私達って・・・でも楽しい方がいいや)
その場ですぐに設置の注文をしました。

ちなみに、これまでのOWLSIGHT設置例は、
介護施設や病院が中心で、在宅用は私達が初めてだそうです。
(おぉ!ますますワクワクですよ、ダンナさん!)

ただその時既に、おかあさんの退院予定日が、
2週間後と迫っていたため(病院は、できるだけ早く退院してほしいようでした)、
イデアクエストの方には、かなり急いで設置して頂きました。

設置の翌日、おかあさんが退院して来て、早速使い始めましたが、
最初のうちは、AIの判断とおかあさんの実際の動きが合わず、
誤作動が多かったです。

というのは、おかあさんは90歳という高齢で、
呼吸がとても浅くて細かいのと、
横向き姿勢で寝ることが多いため、
さすがのAIもその動きを感知できず、
さかんに「未検知」(死んでるかも!?)というアラームを出したり、
逆に、おかあさんにとっては普通の動きなのに、
「非安静」(苦しかったり痛かったりしているかも)のアラームを出したり、
ということがありました。

それで、会社に連絡して数値を調整して頂いたり、
機器の交換をして頂いたり、ということがありましたが、
数日後には良い具合に調節されて、
おかあさんの様子と大体連動するようになりました。
私達も次第に、どんな時にアラームが出るのかがわかるようになり、
本当に便利だ、と実感するようになりました。

今はダンナさんか私のどちらかが大体在宅して、
スマホを近くに置いておき、
アラームが鳴ると、おかあさんの身体の状態を確認して、
その後、見守りカメラでも確認、
(今はカメラは別に設置しています。
イデアクエストの方の話では、いずれはカメラ機能もつけるべく、
開発中とのことです。)

手伝いが必要そうだったら行く、という具合です。

アラームが鳴らなければ、自分の時間が持てるので、本当に助かります。

もしもそれがなかったら、年中誰かが一緒に居なければならないので、
私達の介護生活は、心身ともにもっと負担の大きいものになっていたと
思います。

それなりの値段なので、購入にはちょっと勇気が要りましたが、
(施設用の値段プラス、専用スマホと、あとwifi環境を整える必要があったので、
もう少しかかりました)
今後のことも考えると、良かったと思います。

介護保険でレンタルすることもできるそうですが、
まだ開発中の機器のため、開発の早さに法律が追いつかず、
カバーできない機能もあるそうです。
(介護保険では法律で決められた機能しか認められず、
新しい良い機能があっても、カバー外だと外さなければいけないそうです)
こういうものこそ、早く法律も対応してほしいなぁ、と思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0