So-net無料ブログ作成

美しいおかあさん [嫁の記録]

先日私達の家に、私がかつてとてもお世話になった、
大切な方がうちにいらっしゃいました。

それでおかあさんが、その方の訪問時に、
私達の家(マンションのすぐ隣の部屋)まで
立ってご挨拶に来てくれました。

いつもはまだまだ療養中、という感じで弱々しいおかあさんが、
その方にご挨拶する時は、シャキッとして、
とても美しい笑顔で、何だか威厳すら感じる様子で、
頭を下げていました。

さすがお母さん!

後で、その方はおかあさんのことを、「きれいな方ですね。」
と言って下さいました。
その方は芸術家で、物事の本質を見抜く方なので、
そんな方におかあさんをそう言って頂いて、
私達はとてもうれしかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

介護再認定 [嫁の記録]

おかあさんが介護認定(要介護2)を受けて半年が経ち、
10月に再審査がありました。

おかあさんの容態は、最初に認定を受けた頃から見ると、
随分と回復して、自分でできることが増えています。
一時はこのまま寝たきりか?と思われたところが、
今は家の中でなら歩き回り、身の回りのことを自分でできるように
なって来たのですもの・・・

それにしても、介護保険でプロの方々のケアがなかったら、
私達二人だけの介護だったら、おかあさんは今頃、
寝たきりになっていたかもしれない、と思います。

ヘルパーさんや看護師さんはじめ、多くのプロの方々が、
多少の拒否にはめげず、
おかあさんの気持ちを尊重しながらも、少しずつ説得しながら、
おかあさんに飲ませ、食べさせ、
トイレに行かせ、口の中をきれいにし、身体を動かさせ・・・
そういったことを毎日たゆまずにして下さって、
今の回復につながっているのです。

認知症薬をやめているおかあさんにとっては、
そのように多くの方が関わって下さったことが、
認知症治療や精神面でも、
良い効果になっているように思います。

私達も、あんまり体調が良くなかったり、仕事が忙しかったりする中、
プロの方々におかあさんをおまかせできることで、
どんなに安心して介護生活を送れていることでしょう!

でも、そのようにおかあさんが良い状態になったゆえに、
今回の認定では、もう要介護認定は無理かも?要支援ぐらいになるかも?
と覚悟していました。

要支援になると、今までのような手厚い介護は受けられず、
私達がもう少し色々な介護をしたり、
あるいは全額負担でヘルパーさんをお願いしたり、
また、せっかく良い状態になって来たリハビリの回数が減って、
身体の機能が悪くなったりするのかなぁ・・・?
とちょっと心配でもありました。

でも、認定の結果、
なんと前回と同じ、要介護2でした。

細かい認定理由は私達には知らされていませんが、
おかあさんが必要なヘルプを受けられることになって、
ホッとしています。

身体の機能としては回復して来たけれど、
認知症の症状はやはりあって、
お風呂への拒否があったり
(最近たまぁに気が向くと、看護師さんに手伝って頂きながら、
シャワーを浴びられるようになって来ました。
これまでに3回だけ成功しています)、
食事の用意はできなかったり、水分摂取も一人では無理だったりと、
他人のサポートがないと生活の質は保てない、
ということが考慮されたのかなぁ?

とにかく、ありがたいことです。
これからもがんばらないで、ゆるゆるとやって行きたいと思います。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康