So-net無料ブログ作成
検索選択

手術しました [嫁の記録]

昨日、おかあさんの骨折箇所の手術がありました。

おかあさんは手術前でも落ち着いていて、
いつものようにおしゃべりしたり、冗談を言ったりしていました。

手術はお昼前に始まって、予定通り、2時間ぐらいで終わりました。

部屋に帰って来たおかあさんは、
もう意識が戻っているようで、
さかんに「喉がいがらっぽいの」と、咳をしていました。
(麻酔のせいで喉が荒れるのは普通のことだそうです)

看護師さんに、「足先を動かして下さい。」と言われると、
両足ともちゃんと動いていました。

今日は手術翌日ですが、
今日からもう、車椅子に乗って、
歩くためのリハビリが始まるそうです。

病室の貼り紙も、
手術後のヴァージョンに貼り替えました。

おかあさんになるべく、せん妄とか、認知症ゆえの不安が
出ないように、
また、感染症とか合併症が出ないように
お祈りしています。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

あぁ骨折! [嫁の記録]

このところおかあさんは、割と調子良い日が続いているなぁ、
と思っていたのですが、
やって参りました、新たなる試練の時!

昨日の午後、おかあさんは室内で転倒、
起き上がれずにいるところをヘルパーさんに発見され、
救急車で病院に運ばれました。

それで検査の結果、
大腿骨転子というところにヒビが入ったことがわかり、
(股関節のつなぎ目)
月曜日にボルトでつなぐ手術することになりました。

おかあさんは、認知症になってから、
病院に入院したり手術したりするのは初めてです。

今まで穏やかな生活をさせて頂けていたのが、
今後どうなるのか、不安ではありますが、
私達はできるだけの手を打って、色々と工夫してみて、
後は病院の方々と神様にお任せするしかないか、と思います。

今日は、おかあさんの入院手続きや、入院に必要な物を
届けに行きましたが、私たちの必殺技!?
大事なことは壁のホワイトボードに全部書く、ということを
して来ました。

百均で売っている、シート状のホワイトボードを、
マスキングテープで壁に貼り(後で病院の壁を傷つけずにはがせる)、
「今は右足を骨折しているので、立ち上がらないでね。」
と、大きな字で書きました。

おかあさんは、どうして足が痛いのか、なぜ自宅でないところに
一人で寝ているのかが、すぐにわからなくなってしまうので、
このように書いて壁に貼っておくと、何度もそれを読んで、
やがて状況を飲み込めるようになるのです。

壁に貼ると早速、何度も繰り返して読んで、
「そうなのかい、それで痛いのね。」と言っていました。

あと、おかあさんのお友達のキューピー2人(2体?)も
枕元に置きました。
(先日買ったポロンちゃんは、音が出るのでお留守番です)

手術後はまた、せん妄の症状が出るとは思いますが、
病院の方々と、ダンナさんと話し合いながら、
おかあさんにとっても、私たちにとっても良いやり方を
見つけて行けたらと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

チラッと桜 [嫁の記録]

今年の桜は、関東では開花は早かったのですが、
その後寒い日や雨の日が続いて、なかなか花見のタイミングが
はかれませんでした。

でも昨日の昼間、ちょっとだけ暖かかったので、
4月から退職したダンナさんと、おかあさんと私で、
ちょっとだけお花見をしました。

と言っても、桜のそばまで行って見た訳ではなくて、
私たちが住んでいるマンションの上から、
近くの桜を眺めただけなのですが・・・

おかあさんはもう最近は、病院への通院以外では
全然外出をしない生活です。

でもそれは、外出したいけど体調が悪くてできない、
というよりも、
家に居るのが大好きで、外出したくない、という感じです。
(いわゆる引きこもり?
嫁も引きこもり体質なので似ているかも?)

という訳で、桜も、おかあさんが望めば、
車椅子で近くまで行く用意はあったのですが、
私たちがなんとなく予想していた通り、
「下までは行きたくないわ。」とのこと。

そこで、マンションのドアを出て10メートルぐら歩き、
廊下から花見、ということになったのでした。

久しぶりに外の空気を吸ったおかあさんは、
気持ち良さそうで、
「あそこ、あんな庭があったかしら?」とか、
「あのおじさん、お腹が出ているからかしら、
腕振って一生懸命歩いてるわね。」とか、
高みの見物を楽しんでおられました。

ついでに写真も何枚かパチリ。
良い記念になりました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ポロンちゃんが来た [嫁の記録]

赤ちゃんのおもちゃで、「おきあがり人形」というのがあります。
先日某新聞の地方版で、それが紹介されていて、
今も昔ながらの手作りで作り続けている業者があり、
最近では高齢者のために買われることも多い、とありました。

私も昔、一つ持っていたような記憶があります。

それを読んだダンナさん、
「買いましょう!」と、早速ネットで注文、
数日後に我が家にやって来ました。




実物を見ると、期待通りなかなかかわいいです。
人形を倒すと鳴る「ポロンポロン♪」という音も、
とても良い音色で、癒されます。

おかあさんに差し上げたところ、
なんだかものすごくウケて笑っていましたが、その後、
枕元に置いて、指先でちょっと荒っぽく人形を小突いて(!)
ポロンポロン言わせていました。
(実は、丁寧に倒すよりも、ちょっと荒っぽく小突く方が良い音がする)

おかあさんの枕元のお友達が3人(!!3体?)になって、
(他に、このブログのアイコンにもなっている、手芸用キューピーが
2人(2体?)がいるので)
全部並べると釈迦三尊像みたい!?
なかなかにぎやかな感じになりました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康