So-net無料ブログ作成
検索選択

退院の準備 [嫁の記録]

おかあさんの入院が続いています。
時々ベッドの柵を外そうとしたり、立ち上がろうとしたりするということで、
(一度、夜に一人で立とうとして転んだ)
個室から看護師さんの目が届きやすい大部屋に移っています。

ところがその大部屋は、
整形外科内の認知症の患者さんばかりを集めた部屋のようで、
部屋のあちこちから、「家に帰りたいんです。」とか、
「誰かお願いします、トイレに行きたいんです。」
(自分でナースコールができない)とか、
あまり意味のわからないつぶやきとかが聞こえて来ます。

看護師さん達も忙しいので、
必要や危険がない限り、その訴えに対応することはありません。

部屋に居るだけで、何ともわびしい、鬱な気分になって来ます。

一般の病院ではそれも仕方がないのはわかるし、
病院の方々を責めるつもりはないけれど、
認知症の人はここに長く入院していてはダメだ、と思いました。

でも、おかあさん自身は割と落ち着いていて、
私達と話していると、いつもの感じに戻って、
笑ったりおしゃべりしたりするので、少し安心しました。
(耳が少し遠いのが幸いしているのかも)

そして、病院のソーシャルワーカーの方と面談した時に、
おかあさんのこれまでの生活や現在の状況をお話したところ、
本来ならば、整形外科からリハビリ専門病院に転院して、
1ヶ月ぐらいリハビリをしてから退院するケースですけれど、
おかあさんの場合、決められた時間に食事やリハビリをするのが難しく、
リハビリ専門病院に行くと、かなりそれが強制されることになるので、
おかあさんには良くないのではないか、とのこと。

むしろ整形外科で退院の許可がおりたらすぐに自宅に戻って、
生活をしながら必要な動作を覚えるリハビリをした方が良いのではないか、
という結論になりました。

退院の目標は5月末、ということで、
今、色々と準備をしているところです。

今のところ、自宅で生活する一番の問題は、
おかあさんが、一人で歩くのはまだ危険だということです(再転倒)。
でも、認知症のため、自分が歩きたいと思ったら歩いてしまうため、
私達がそれをどうフォローして行くか考えなければなりません。

誰かが必ずそばに居て、即座に対応することができれば、
危険を避ける意味では理想なのだと思いますが、
それでは多分、おかあさんも私達も続かないと思います。

そこで今考えているのが、離床センサーと見守りカメラの導入です。

おかあさんがベッドから身体を起こしたら、
私とダンナさんのスマホ等にアラームが来て対応できる、という方法です。

最近、施設等でも導入が進んで、
職員の方が無駄に見回りをする必要がなくなって、
楽になったそうです。

ネットで検索してみると、色々なシステムが開発されているようです。
一つ良さそうなシステムを見つけたので、
今週ダンナさんと、現物が見られる製作会社に見に行きます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

認知症患者の入院 [嫁の記録]

おかあさんが入院して、もう十日以上経ちました。
おかあさんは、時々自分の足が折れていることを忘れたり、
トイレに行けない(オムツをはいている)ことを忘れたりしますが、
精神的にはまぁまぁ落ち着いています。

足の痛みも、認知症のお陰なのか?
術後の経過がとても良いのか?
鎮痛剤が合っているのか?
あまり痛みがないようで、良かったです。

ただやっぱり、病院の中に認知症の専門家がいないことで、
家族として不安に思うこともあります。

看護師さんやお医者さんは、
必ずしも認知症の人への接し方をご存知ないようで、
早口で難しい言葉でお話しになったり、
中には、ひたすら大声でおかあさんに話しかけたり、
という方もおられます。

それから、おかあさんに初めて、身体抑制をしなければならないことは、
家族としては何とも切ないです。
(これまで、絶対にしないぞ、と思って来たのですが)

もちろん昔の病院のように、あからさまに手足を縛る、
ということはないのですが、
まずは手術後の点滴を、おかあさんが外してしまうため、
両手にミトンを被せられていました。
(これは数日前に点滴が終了したので外されました)

それから今は、まだトイレに行けないため、
おむつをしているのですが、
おかあさんは、自分がおむつをしなければならない状況だ
ということがわからなくて、
おむつを脱ごうとしてしまうらしく、
数日前からは、つなぎのように上半身と下半身がつながった
パジャマを着せられています。

病院としては、今の体制でできる最善のことをして下さっているのは
わかりますし、
看護師さん達の忙しそうな様子を見ると、
仕方がないのだろう、と思いますが、
認知症患者からすれば、やっぱりかなりストレスフルな状況だろうな、
と思います。

でも、ここで愚痴をこぼしていても仕方がないので、
今後の病院環境の改善の希望を持ちつつ、
(団塊の世代がその年代になる頃までには、
何とかしないとヤバいのではないか、と素人ながら思います。)

今はおかあさんが少しでも平和に過ごして、
そしていずれ家に戻って暮らせるように、
最善をつくしたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康