So-net無料ブログ作成
検索選択

風邪 [嫁の記録]

おかあさんは先日、90歳の誕生日を迎えました!
めでたい!*\(^o^)/*

なかなかの長寿になったおかあさんですが、
相変わらずの日常です。

いつもお会いする時は、9割ぐらいは笑顔で、
調子が乗らない時は無理せずに寝ちゃう。

今になって思います。
色々な方が良かれと思ってして下さったアドバイスを
感謝しながらも、全部取り入れるのではなく、
(専門の方々のアドバイスでも)取捨選択して、
おかあさんが笑顔でいられるケアだけをすることにして良かった・・・

それにしても、介護に携わる十数人全員の功績で、
すごいぞ!と思うことは、
おかあさんの介護が始まって以来、3年ほど、
おかあさん自身は一度も風邪をひいていない、ということです。

毎年インフルエンザの予防接種はしていますし、
おかあさんがデイケアなど、多くの方が来る場所に一切行っていない、
という理由もありますが、
そうだとしても、毎日最低3人はおかあさんの部屋に来ていますし、
私とダンナさんなんか、今年も代わりばんこに風邪をひいて、
(夫婦の間でうつしっこ・・・(ー ー;))
熱や咳が出ている時もおかあさんの部屋に行くこともあるのですが、
徹底した手洗いとマスクをすれば、本当に防げるんですね!
我ながらびっくり!そして、ちょっとエッヘン!
な気分なのです。
(その前に自分が風邪ひかなきゃいいんだけど・・・)

おかあさんの歳になると、風邪は本当に命取りになるので、
これからも気をつけて行こうと思います。

って、私は今日風邪で声が出ません・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

介護食の必要 [嫁の記録]

このところ、食欲が落ちているおかあさんは、
食べる量が少ないせいか、便通も良くなくて、
看護師さんとお医者さんの判断で、下剤が追加になりました。

食欲が落ちている原因、寒くて体調が悪いのかな?
と思っていたのですが(風邪等にはかかっていないのですが)、
もしかしたら、昨年末に立て続けに奥歯が抜けてしまって、
噛みにくくなって、食事が億劫になっているのかも?
と思いつきました。

そこで、食材をできるだけ小さく刻んで出したり、
できるだけ硬い食感のものは避けたりしているのですが、
平日はヘルパーさんにお食事を出して頂いているので、
今までの食材では、対応が難しくなって来たかも?
と思いました。

そこで初めて、いわゆる「介護食」というものを
買って来てみました。

「介護食」と一言で言っても、
色々なレベルがあるようです。

単に食材を小さく切って、噛みやすくしたもの、
歯が全くなくても、歯茎だけで噛めるように、
特別な加工がしてあるもの、
ペーストやムースにしたもの・・・

おかあさんの場合は、まだ奥歯以外は割と残っているので、
食材を小さく切って、噛みやすくしたもので良いかな、
と思います。

私もおかあさんにおかずを差し入れできるように
研究してみようと思います。

でも、歯が悪くても、差し入れのお菓子は、
結構しっかり食べるおかあさんでもあるのでした・・・
(チョコ、あんぽ柿、和菓子等・・・)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

二人で三人の介護 [嫁の記録]

昨年、私の実父が心臓の手術を受けました。
心臓自体は、順調に回復しつつあるのですけれど、
手術に時間がかかったので(5時間のところ、15時間!)、
長時間同じ体勢でいたせいで足の神経が麻痺して、
現在リハビリ専門病院に入院してリハビリ中です。

その父が、3月下旬には退院になる予定なのですが、
おそらく家に戻っても、しばらくは足が不自由で、
体力がなく、食事も特殊(1日5回食になっています)なため、
介護保険を申請して、
家の必要箇所に手すりをつけたり、
食事の支度等はヘルパーさんにお願いしたりしなければ
ならないと思います。

そして、私の実母はというと、
昨年から、高齢者うつの症状があって、
現在もお薬を飲みながら生活しているので、
父の介護をすることは無理です。

もしも父の介護保険だけでは母がつらくなるようであれば、
母の介護保険も申請しなければならないかも、
と思います。

私とダンナさんは、二人とも、一人っ子なので、
これからは、二人で三人の親を看ることになるのですが、
ちょっと大変そうだなぁ。

といっても、まだ起こっていないことに対して、
不安になっても仕方がないので、
神様の御心にお任せしようと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

歯が弱くなった [嫁の記録]

2017年になりました。

比較的平穏な生活が続いているおかあさんですが、
少しずつ弱くなって行くところもあります。
それは、歯です。

おかあさんはここ数年、ご飯の時間が一定していなくて、
配膳はヘルパーさんに1日3回して頂くけれど、
あとは本人が食べたい時に食べる、という方法を取っています。
(色々とやってみて、そのやり方に落ち着きました)
食べたいと思えば、夜中でも食べることができるのです。

でも、そのせいで、歯磨きや入れ歯の手入れができない!

月に1回、訪問歯科の先生に来て頂いて、
その時に歯石や虫歯、歯周病が進行しないように
処置して頂いてはいるのですけれど、
やはり毎日の歯の手入れがちゃんとできないことは致命的で、
少しずつ虫歯も歯周病も進行してしまっていました。

そして、昨年11月から12月にかけて、
とうとうおかあさんの奥歯が2箇所、取れてしまいました。
1箇所は3本の歯をブリッジしてあったので、
合計4本の歯を失ってしまったのです。

それでも、普通に食べておられる感じはしていたのですが、
この三が日、一緒におせちやお雑煮を食べていて、
やはり大きいものや硬いものが食べられなくなったのだなぁ、
と感じました。

昨年までおいしい、と食べていた黒豆は、
(私が祖母から教わった方法で、普通よりも硬めに仕上げる)
硬い、とのこと。
また、小さめに切ったお餅も、なかなか飲み込めなくて、
いつまでも口の中に残ってしまうようでした。
(おかあさんは、嚥下の問題はほとんどないので、
家族が一緒にいる時は、お餅も食べられます)
お雑煮のしいたけなんかも、噛みにくそうでした。

二日目からは、食材をできるだけ小さく切ってみたのですが、
やはり、野菜類は食べにくいようでした。

歯って大事なんだなぁ・・・。

でも最近は、歯の状態に合わせた、
色々な介護食が出ているので、
おかあさんの歯の状態に合わせて、
なるべくおいしく食べられるものを選んで行けたらと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

どろぼう? [嫁の記録]

おかあさんの家に来て頂くヘルパーさんは、
週に一回、お買い物にも行って下さいます。

それで、おかあさんの家の中の決まった場所に
(おかあさんが普段過ごす部屋とは別室)お金を置いて、
お買い物の度に金銭出納帳をつけて頂いて、
お金が足りなくなったら、私たちが補充する、
ということをしていました。

もう2年近くそういうシステムで何の問題もなかったのですが、
先日、お財布のお金がゴソッとなくなりました。
補充したばかりの一万円札が抜かれてしまったのです。
しかも、数日のうちに2回、合計二万円がなくなりました。

誰が取ったのだろう?

おかあさんの家には、たくさんの人が出入りします。
ヘルパーさん、看護師さん、お医者さん、
マッサージの先生・・・

鍵は隣に住む私たちが開けることもありますが、
ヘルパーさん用にはいつも決まった場所に置いてあって、
私たちが留守でも入って頂けるようになっています。

でも、いつも一生懸命やって下さる方々を疑いたくはないなぁ。

また、おかあさんは最近、朝のうち寝ぼけていて、
「お母ちゃん(おかあさんのおかあさん)が帰って来るから・・・」
と言って、家の鍵を開けてしまうことがあります。
(外には出て行かないのですが)
だから、プロの泥棒がそういう状況を知って入って来る、
ということもありうるかも!?

あとは、たまたまおかあさんが家の整頓をしようとして、
お金を見つけて、
こんなところにお金があってはいけない、
と、どこかにしまった、という可能性もあります。

色々な可能性があるのですけれど、
一番怖いのは、外から来た泥棒が犯人だった場合、
たまたまおかあさんと鉢合わせしてしまって、
おかあさんに危害が及ぶことです。

そこで一応、警察に連絡しました。

すぐに二人のお巡りさんが来て下さって、
私とおかあさんに色々と質問をしたり。
(おかあさんは例によって、何も覚えていませんでしたが)
家の状況を確認したりした後、
家の中が全く物色されていないことから、
「これは、外部の泥棒というよりも、
お金のありかを知っている、関係者の犯行の可能性が高い。」
とのことです。

う〜ん、そうか〜。

でも、だからと言って、証拠もないし、
犯人を見つけるために、監視カメラなんかをつけるのも、
なんだかなぁ・・・

そこで、今回は被害届は出さず、
とりあえずお金をおかあさんの家に置くのをやめて、
お買い物の度に、私たちがヘルパーさんに渡すことにしました。

とりあえずお金がなければ、
犯人もわざわざ入って来ないと思いますし・・・

あと、朝晩、おかあさんの家の鍵が開いていないかを
私とダンナさんでチェックすることにしました。

二万円はなくなってしまったけれど、
おかあさんに何の危害もなくて、良かったです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

転んじゃった [嫁の記録]

久しぶりの更新です。
ずっと平和な日が続いていたおかあさんですが、
先週の金曜日(21日)の朝、家の中で転んでしまいました。
朝10時にいらしたヘルパーさんが、教えて下さって、
かけつけると、左目がお岩さんのように紫色に腫れ上がっています。
うわぁ、痛そう!かわいそう!

認知症なので、どこでどのように転んだのかは、
覚えていない、とのこと。
でも、意識ははっきりとしているので、
脳出血なんかは今のところなさそう・・・?
手や肩、足腰も大丈夫そう・・・

とりあえずヘルパーさんがおかあさんの写真を撮って、
看護師さんに送って下さって、看護師さんが見に来て下さいました。

看護師さんの見たところでは、
おかあさんの左目の瞳孔の形が変形している!
ということで、これはいけないと、かかりつけの訪問医に
連絡して下さったところ、
眼の診察は、訪問医ではできないので、
近くの眼科医院に行って受診して下さい、とのこと。

うわぁ、私一人でできるかなぁ?
(ダンナさんは当然会社だから)
とちょっとうろたえたけど、やらねばなるまい!

幸い、おかあさんがまだお元気だった頃通っていた眼科が、
歩いて10分ぐらいのところにあります。

そこで、おかあさんに着替えてもらって、
車椅子に乗って頂いて(あぁ、車椅子買っといて良かった!)、
私が押して眼科まで歩いて行きました。

おかあさんを診て下さった眼医者さんは、
ちょっと見ただけで、
あ、これは大丈夫ですよ、とのこと。

おかあさんは、まだ元気だった頃に、
左目の急性緑内障になったことがあって、
その処置で、眼にレーザーを当てているので、
それで瞳孔が変形しているのです、
でもその形は、前回の形と変わっていないので、
転んだことによる影響は全くありません、とのこと。

腫れは、1ヶ月ぐらい経てば消えるので、
このまま触らないで静かにしていて下さい、
と言われて帰って来ました。

あぁ、大事にならなくて、本当に良かったです。
本人も、派手な内出血の割には、痛みがほとんどないようなので、
割といつものおかあさんです。

ちなみに、帰りに、私とおかあさんのごほうびで、
(二人ともがんばったから)
おかあさん行きつけの和菓子屋さんに寄り、
おかあさんの大好物の豆大福を買って帰りました。
そして、お茶をいれて食べたら、とてもおいしかった!
おかあさんも、大きな大福を半分ぐらいは召し上がっていました。

今日は転んでから3日目なのですが、
おかあさんはいつも右側を下にして寝る癖があるせいか、
左目の内出血が、右側にも及んで来て、
目の周りが、漫画のタヌキみたいになっています!?
ちょっとかわいいかも・・・とダメ嫁は思ったけど、
本人には言ってません!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

通院がありました [嫁の記録]

久しぶりの日記更新になりました。
嫁は時々、文章書きたくないモードになるため、すみません。

先日、かかりつけの認知症専門病院の受診がありました。

私自身は、実は前日に、実家の母の具合が悪くなって、
そちらの方に行ってしまったのですが、
(そんなに重篤ではないのですが、体調不良で、
年齢も年齢なので行きました)
もともと有給を取っいたダンナさんが
おかあさんに付き添ってくれました。

今回は、年に一回している検査の結果を聞いたのですが、
脳の状態はそれほど以前と変わらず、だそうです。
そして、心理検査(色々な認知機能を調べるテスト)では、
前回よりも下がった項目もありますが、
前回よりも成績が上がって、正常域になっている項目もあって、
ちょっとうれしかったです。

それとは別に、
最近おかあさんが時々おっしゃることがあります。
それは、「おかあちゃんは、どこに行ったの?」

おかあちゃん、というのは、おかあさんのおかあさん、
つまりおばあさまのことらしいです。

もしかしたら、夢の中でおかあさんはもっと若くなって、
おばあさまと楽しく過ごしておられるのかしら?

はじめのうち私は、
「私はお会いしたことがないんです。
天国にいらしたのだと思います。」
と言っていて、
おかあさんもすぐに、自分の年齢や状況を思い出して、
「あぁ、そうだわね。」とおっしゃっていたのですけれど、
先週は、
「あぁ、そうなのか、死んだのか・・・」
と、おっしゃっていて、ちょっとかわいそうになりました。

クリスチャンの私には、天国にいる、と言うことは、
がっかりすることではないのですけれど、
そうでないおかあさんは、
言われる度に喪失感を感じてしまうのだと思います。

この次からは、
「ちょっと遠くにおられるようですよ。」
とか言ってみようと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

通院がありました。 [嫁の記録]

昨日(13日)は、認知症専門病院で、
検査と診察がありました。

桜は残念ながらほとんど散ってしまいましたが、
車の中から少し眺めることができましたし、
久しぶりの外出(約半年ぶり!)で、
おかあさんの目には、街の景色が新鮮だったようです。
「あら、あそこにあんなお店があったかしら?」と、
目を丸くしておられました。

病院が終わった後、お昼の時間だったので、
久しぶりに三人で、近くのファミレスで食べました。

普段は和食一方のおかあさんですが、
洋食でもトマトソース系は好きなので、
バジルとモッツァレラチーズのパスタを
おいしそうに召し上がっていました。

帰りは、カーシェアの車を駐車場に返す時間が来てしまったので、
おかあさんを車椅子に乗せて、
歩いて帰りました。
ちょうど良い気候で、気持ち良かったです。
家々にも花が咲いたり、緑が芽吹いていたりして、
歩きながらのおかあさんとの会話もはずみました。

少し気になったことが一つ、
久しぶりの外出で、おかあさんの足が
以前より少し弱くなってしまったことがわかりました。
立ち上がった時に、ちょっとバランスを崩すことがありました。

時にはやはり、外に出て歩いてみたり、
家の中でも、少しリハビリを多めにやって頂いたり、
ということを試してみたいと思います。

検査の結果は、6月にわかる予定です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

桜見られなかった [嫁の記録]

今年の桜は、早く咲いたので、
なかなか外出できなかったお母さんも、
花見を口実に、ちょっとでもお散歩できたらいいなぁ、
と思っていました。

そして、お花見するならば、やっぱり、
ダンナさんと3人で行けた方が良いだろうなぁ、と・・・

そこで、ダンナさんがお休みの土日を狙っていたのですが・・・

どうも今年は土日になると、ちょっと肌寒かったり、
雨が降ったり、というのが続いて、
とうとう花見に行けませんでした。

もちろん、普通の体力と気力を持った人だったら、
十分に花見に行ける気候だと思うのですが、
骨折をして以来、ずっと家にいるおかあさんの外出は、
やはり、暖かくて、日差しもある程度ある、
穏やかな日を選びたいのです。

訪問医の先生や、ケアマネージャーさんからは、
このぐらい体力があれば、外出も大丈夫ですよ、
と言って頂いているのですが、
おかあさんも私達も、一種のトラウマというか、
無理をして、また寝込んでしまったら大変、という思いがあるので、
かなり消極的になってしまいます。

家の中では、かなりおかあさんは元気で、
ご飯も割と召し上がるし、
片付けなどの簡単な家事もなさっているので、
一度外出できれば、
時々外に出る生活に戻れるのではないかと思います。

今日も関東は雨が降りましたが、まだ一応桜が残っているようなので、
今週末が最後のチャンスになるかなぁ・・・

あるいは、来週の火曜日まで桜が残っていてくれたら、
認知症専門病院の通院があるので、
ついでに車から花見ができるかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

誕生日 [嫁の記録]

2月24日は、おかあさんの誕生日でした。
でも、平日はダンナさんの帰りが遅いので、
昨日の日曜日に、お祝いをしました。

いつもおかあさんは、好きな時間に好きな物を
好きなだけ食べる、という生活をしていますが、
(ヘルパーさんが1日3回、食事の配膳をして下さいますが、
それを食べるか食べないかはおかあさんの自由になっています)
昨日だけは晩御飯にお寿司を取って、
一緒に食べました。

夕方に少し食べたらしいおかあさんは、
あんまりお寿司が入らなかったようでしたが・・・

でも、一緒におしゃべりしながら食べる、ということが
普段はできないので、
良い時間だったと思います。

誕生日プレゼントは、
私が編んだレース編みのうさぎのしおりをあげました。
ダンナさんの本をずっと枕元においているので、
それに挟んで頂けたらいいかなぁ、と・・・

デザートには、イチゴ味のアイスと、
ダンナさんの従姉のFお姉さんが送って下さった
カステラを食べました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康